ホーム > 病院の選び方 > セカンドオピニオンは必要?

セカンドオピニオンは必要?

説明を聞いて安心するカップル

これから受けようとしている不妊治療が本当に2人に合ったものなのか、判断に悩むことがあるかもしれません。 そんなとき、他の医師に意見を求めること、またはその医師の意見を"セカンドオピニオン"といいます。 セカンドオピニオンは、病院を変えることではありません。 また、同じ目的の治療のために複数の病院にかかることでもありません。 よりよい治療の決断をするための方法と考えましょう。

セカンドオピニオンを受けるには、まず、主治医にセカンドオピニオンをとりたいことを申し出て、紹介状を出してもらいましょう。 また、セカンドオピニオンの医師が適切な意見をするために必要となる今までの治療記録や検査結果などのデータも提供してもらいましょう。

治療方針に迷ったら、2人で悩まず、セカンドオピニオンを受けるのも1つの選択肢として持っておくとよいでしょう。

このページはわかりましたか?
   
このページの先頭へ