ホーム > 基礎知識 > 早期治療の重要性 > 妊娠率が低下する理由

妊娠率が低下する理由

女性は、自分が生まれる前の胎児だった頃に、約700万個の卵子のもとになる細胞(卵母細胞)をつくり終えます。生まれたあとに新しい卵子がつくられることはありません。 出生時の卵子数は、すでに約200万個までに減少しています。思春期に達するまでには約20〜30万個に減り、年齢の上昇に伴い、次第に減少していきます。最終的には閉経を迎えますが、そのころにはすべての卵母細胞がなくなります。

卵母細胞の数 卵母細胞

排卵前の卵子は、細胞分裂を途中で休止した状態で 卵胞 内に維持されています。細胞分裂を休止している間は、女性が年をとるにつれて卵子に損傷が生じる可能性が高くなります。高齢出産で染色体や遺伝子の異常が生じやすくなるのはこのためです。
異常のある卵子は 受精 しないこともあれば 着床 しないこともあるため、妊娠することができず、妊娠しても流産することになります。また、 染色体異常 が原因で先天異常のある赤ちゃんが生まれる確率も高くなります。先天異常に不安のあるカップルは 羊水穿刺 などの出生前検査を受けることもできます。

このページはわかりましたか?