ホーム > 基礎知識 > 検査からわかること/基礎不妊検査 > 女性:免疫の異常/抗精子抗体検査(精子不動化試験)

女性:免疫の異常/抗精子抗体検査(精子不動化試験)

抗精子抗体検査(精子不動化試験)

抗体とは、体内に入り込んだ異物を排除しようとする働きをもつ物質のことです。 精子に対して働く抗体を抗精子抗体といい、精子の運動性や受精する能力を障害して、 妊娠を妨げます。 精子不動化試験は、女性の血液から血清を採取して精子と混ぜて、精子の運動能力に与える程度を調べる検査です。 その程度をみて、 人工授精 で妊娠が可能か、あるいは 体外受精 (抗精子抗体の影響を受けない)に進む必要があるかなど治療の内容を決めます。

このページはわかりましたか?