ホーム > 基礎知識 > 検査からわかること/基礎不妊検査 > 女性:感染あり?/性感染症検査

女性:感染あり?/性感染症検査

男性に比べ女性の性感染症の多くは、不快感や自覚症状がほとんど無いため、受診されないままに放置されてしまうことがあります。 治療しないで放置していると、さまざまな合併症を引き起こし、不妊を引きおこす可能性もあります。
性感染症の検査は主に、子宮頸管の粘液を採取し調べます。

クラミジア

子宮頸管の粘液を検査することで診断できます。

淋菌感染症:淋病

子宮頸管の粘液を採取し、細菌を検査することで診断できます。
採取した粘液は、培養のために検査室へ送られることもあります。 培養による検査は、信頼性が非常に高くなりますが、結果が出るまでに時間がかかります。

培養による検査
このページはわかりましたか?