ファティリティー・ジャーニー あかちゃんを望まれる方へ

女性:強い痛みがあるのですが…?

月経に伴って起こる痛みを月経痛(生理痛)といい、下腹痛や腰痛、腹部膨満感、嘔気、頭痛など病的な症状を伴う場合を月経困難症といいます。不妊の原因となる病気が隠れている場合もあります。生理痛があまりに強く、日常生活の妨げになる場合は、診察を受けましょう。

子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症とは、 子宮内膜 と同じ組織が、 卵巣卵管 、膀胱、腎臓などの子宮外の場所にできてしまう病気で、 特に卵巣でチョコレート色の古い血液がたまった袋状となったものはチョコレートのう胞と呼ばれます。子宮内膜症は20~40歳代の女性に多くみられます。症状は、月経痛、腰痛、性交痛、排便痛などです。

子宮腺筋症

子宮腺筋症

子宮の体部に発生した子宮内膜症で、30歳代後半の女性に多く見られます。
月経痛がとても強く、月経後にも痛みが続くことが少なくありません。

子宮筋腫

子宮筋腫

筋肉と線維組織からなる良性の腫瘍で、40歳前後の女性において好発し20~30%にみられます。症状は、 過多月経 、月経困難症、不妊などです。

このページはわかりましたか?

ファティリティー・ジャーニー
赤ちゃんを望まれる方へ

MSD
Copyright © 2012-2017 MSD K.K.
a subsidiary of Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.